新築住宅の建築・土地の買取 不動産の仲介のご相談はジェイ・ランドまで

福岡市東区(香椎/千早/新宮/古賀)の新築・土地の買取・不動産ならジェイランドへ

会社概要.pngサイトマップ.png



mail_contact.pngmail_contact.png

ブログ

ホーム.png物件情報.png査定依頼.png注文住宅.png施工実績.png施工実績.png不動産コンサルティング.pngお気軽相談窓口お気軽相談窓口会社概要.png会社概要.png

HOME > ブログ > 住宅用地を探すときに気に掛けていること

住宅用地を探すときに気に掛けていること

2020年1月14日

お家を建てられる場合、土地を探さないといけませんが、何坪くらいで、どの辺で探していますとご依頼いただきます。

その場合は、ご予算や立地面に関する内容の他に、この内容はいつも確認させていただいています。

①必要な建物の広さ

②必要な駐車場の台数

③庭が必要か(必要であればどれくらい)

理由ですが、同じ土地の広さでも、容積率の違いによって建てることができる建物面積が変わってくるためです。

容積率とはパーセントで決められていて、敷地面積の何パーセント分までの建物が建てれますよという決め事です。

例えば・・・

土地が50坪で容積率が60%の場合

→建物は50坪×60%で30坪まで建てれる。

土地が45坪で容積率が80%の場合

→建物は45坪×80%で36坪まで建てれる。

土地が40坪で容積率が100%の場合

→建物は40坪×100%で40坪まで建てれる。

この様に容積率によっては狭い土地の方が大きな建物を建てることもできます。

大きい道路や商業地に近いところは狭い敷地でも高さを有効に使えるように容積率の数値が大きく

逆に住宅街は大きい建物が建てれないように容積率の数値が小さく決められています。

他にも建蔽率(けんぺいりつ)がありますが、これは敷地面積に対する建築面積(1階部分のみ)の割合

容積率は、2階建てであれば、1階と2階の面積を合わせた延床面積の割合になります。

 

基本的には容積率が大きいほうが土地のお値段も高くなりますが、その分、場所は便利になります。

50坪とは思っていたけど、ここの40坪の土地は容積率が大きいから、35坪の家は建てれるねなどと考えながら探されると少し選択肢が広がるかもしれません。

 

ちなみに容積率は、「市町村名+都市計画」でネット検索すると調べることができます。

福岡市の場合はここから

リンク先の都市計画情報から住所検索ができますので!