新築住宅の建築・土地の買取 不動産の仲介のご相談はジェイ・ランドまで

福岡市東区(香椎/千早/新宮/古賀)の新築・土地の買取・不動産ならジェイランドへ

会社概要.pngサイトマップ.png



mail_contact.pngmail_contact.png

ブログ

ホーム.png物件情報.png査定依頼.png注文住宅.png施工実績.png施工実績.png不動産コンサルティング.pngお気軽相談窓口お気軽相談窓口会社概要.png会社概要.png

HOME > ブログ > 物件引渡し前に自然災害で被害が起きたら?

物件引渡し前に自然災害で被害が起きたら?

2019年11月2日

台風、大雨、土砂災害、地震など自然災害が近年増え

一夜にして状況が一変するということも珍しくなくなりつつあります。

不動産の売買を行なう際は基本的に

売買契約を行い、数週間後にお引渡しを行なっています。

そうすると契約と引渡しまでの間に期間が生じることになります。

その期間中に自然災害が起こり、建物が損壊したりした場合

売主さん・買主さんどちらの責任となるかご存知でしょうか?

 

もう契約は終わってるから買主さんで修理してよ!

まだ引渡しされてないから売主さんの責任でしょ!

こんなに高い修理費だすことなんて出来ない!

といったトラブルにならないように契約書条項で定められています。

 

引渡し完了前に天災地変または売主買主どちらの責任でも無い理由で滅失または毀損した時は

修復が難しく引渡しが不可能な時は互いに契約解除ができます。

ただし、修復可能な時は売主負担で修復して引渡ししましょう。

という決まりでご契約をさせていただいています。

 

この様にトラブルの予測やリスク回避を行い重要事項説明や契約書でご説明し

売主様買主様共に安心してお取引ができるよう心がけております。